英会話がスラスラできるようになる、最大のコツ

<PR>|  都内のシェービング |サプリメントの選び方|ショッピングカート|自動相互リンク集GF|童話の世界|経営改善のコンサルタントへ相談|英会話のビジネス教室|翻訳するなら英語翻訳会社へ|

外国人と英語でぺらぺらと思うままに話すことができるというのは、一見夢のような話にも見えますが、実際にやってみれば、誰でもできることなんです。 そのための、最大にしてたった一つのコツ。それは、短時間でもいいのでたくさん英語で話す機会を設けるということ。 1週間に1回、1時間の英会話の時間を設けるよりも、1日15分でいいので、英語を話す時間を毎日設ける方が、断然英会話ができるようになります。1日のうち、たった15分だけでいいのなら、えいやっと思い切ってできてしまいそうな気がしませんか? 今なら、そんなことも誰でも可能です。なぜなら、オンラインという強い味方がいるから。つまり、家にいながらにして全世界とつながることができるわけです。当然、英語圏の方とも話せますから、ネイティブな会話を体験できるわけですね。どんなにうまく言えなくて恥ずかしい思いをしたとしても、1日のうちのたった15分なら、あっという間に過ぎる話です。チャレンジする甲斐は、十分にあると思いますよ。 英会話で使う実際の単語は実は簡単なものが多いです。 いわゆる句動詞が使われます。 句動詞とは動詞+副詞または動詞+(福祉)+前置詞によって構成され、使われる動詞とは異なった意味になるものです。 例えばRUNは「走る」ですが、RUN OUTでは「使い果たす」とゆう意味になります。 会話の中では、このような簡単な単語での言い回しが大変多く使われます。 日常会話で簡単な単語を使う事は日本語でも同じですよね。 ですが、句動詞はとても数が多く覚えるのはなかなか大変です。 そこで、私がお勧めするのは単語自体のイメージを覚える事です。 先ほどのRUNの単語のイメージは「進行する」です。OUTは「(中から)外へ」 ですので、RUN OUTでは、進行して外へ出てしまう、から「使い果たす」となります。 この単語のイメージを覚えておくと、知らない句動詞を相手が使った場合でも、何となく意味は分かるようになります。 また、イメージで捉えることにより、その後に続く会話で意味が分からない単語があった場合にも、相手が何を言いたいのかが分かる場合もあります。 日本人にとって、英会話を覚える上で、正しい発音がなかなかできないことは大きなコンプレックスです。 しかし、いざ海外で生活を始めてみると、発音はそれほど重要ではないのかもしれないと気づきました。 もちろん、BとVの違いやFやTHの発音など、最低限違いをきちんとつけることは大切ですが、 ある程度日本人アクセントのようなものが残っていても問題はありません。 実際、他の国の人々も、それぞれの言語特有のなまりを持っているものです。 確かに、ネイティブスピーカーのような美しい発音には憧れますが、 大切なのは、単語力の幅や、きちんと言いたいことを伝えられるような表現力です。 いくら発音だけ美しくても、言いたいことを的確に伝えたり、 相手との会話が成り立たなくては意味がありません。 そういう意味では、まずは単語を覚えていき、覚えた単語の使い方を覚え、 表現の幅を少しずつ地道に増やしていくことが大切だと言えるでしょう。 その日々の積み重ねで、英会話はどんどん上達していくものです。

 

池袋のビジネス英会話ならレボ  | 新潟県で新築立て替えなら |SEOアクセスアップ相互リンク集 |英会話を新宿で学ぶなら|  スマホアフィリエイト |本棚通販で話題のサイト|pagerankexplore|留学について語ろう!|



You must be logged in to post a comment.